O.Miller’s diary

バイクで旅する定年ライダーのブログ

檳榔

東南アジアの国ではほとんど見ることがなくなった

檳榔売りが台湾ではまだ健在でした。

噛んで口の中が真っ赤になってぺっと道端に吐くので見っともないということで、衰退していったようです。

私も過去に試してみましたが、良さが分かりませんでした。

f:id:cosmopolitan2017:20180826022110j:plain

今は帰宅しています。

龍山寺

台北で一番古い寺、といっても1738年創建だそうです。

f:id:cosmopolitan2017:20180824182534j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180824182509j:plain

次に訪れたのは孫文を祭った国父紀念館、ちょうど近衛兵の交代式をやっていましたが、蒋介石中正紀念堂のそれと全く同じでした。

ここから台湾で一番高いビル、台北101が見えました。

f:id:cosmopolitan2017:20180824183132j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180824183105j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180824183022j:plain

台湾は、コンビニもATMもそこら中にあって、旅行するのにとても便利です、ただし東南アジアと比べると物価はあまり安くはなく、日本より若干安い程度でした。

台湾の市場

f:id:cosmopolitan2017:20180823231456j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180823231427j:plain

カラスミ、フカヒレなどの乾物を売っている古い街

油化街、そしてその近くにある市場、永楽市場。

東南アジアの市場ほど刺激的なものを売ってなくて

少し期待外れでした。

今日は泊まってるホテルから10キロ以上あちこち歩き回りました。

歩いて汗だくになって店や施設に入ると強烈にエアコンが効いていて寒くなり、その繰り返しで、風邪をひいてます。

それでも汗を流しに下のスパ、マッサージへ行ってきました。

f:id:cosmopolitan2017:20180823232754j:plain

ここのコメントは差し控えておきますが、興味のある方は調べてみて下さい。金年華

中正紀念堂

f:id:cosmopolitan2017:20180822224730j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180822224643j:plain

ホテルから三十分ほど歩いて中正紀念堂へ行きました。

ちょうど近衛兵の交代式もみることができました。

地球の歩き方」には入場料がいるようなことが書いて

ありましたが無料でした。

ここからさらに五十分ほど炎天下の中、汗だくになり

ながら国立歴史博物館へ行ったら下のような看板が出て

いた。(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:cosmopolitan2017:20180822225540j:plain

今日はホテルを変えて中山方面へ移動しました。

f:id:cosmopolitan2017:20180822225727j:plain

このホテル、一泊6000円ほどですが朝食付きで、

しかも洗濯無料でやってくれます。

二日間暑い中歩いて疲れていたのでタイマッサージと

書いてある所へ行ってきました。

タイマッサージは若い女の子が出てくると変なマッサージになることがあるので.,,と思っていたら、しっかりとベテランのおばさんが出てきて、変な邪心を打ち砕くべく、ベキベキと本格的なタイマッサージをしてくれました。二時間4500円ほど。

故宮博物院

暑さに負けて、行きはタクシーで行ってしまいましたが、帰りは近くのMR T士林までタクシー、それからMR Tに乗り帰ってきました。MR Tが安くて速くて一番です。

f:id:cosmopolitan2017:20180821183530j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180821183500j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180821183418j:plainf:id:cosmopolitan2017:20180821183343j:plain

故宮の一番の目玉、石の白菜と、肉形石は思っていたより小さくて少し期待外れでした。

下はホテルの近くの二二八和平公園、他国ではそれほど知られていないかもしれませんが、1947年2月28日のこの騒動は、台湾の内戦とも言える大きな事件だったようです。

f:id:cosmopolitan2017:20180821184207j:plain

昼に食べた牛肉麺、250元は高かったけれど美味しかった。

f:id:cosmopolitan2017:20180821184427j:plain